上肢リハビリ支援装置

脳卒中により上肢(※腕のこと)の運動機能に障害を生じた方達のために,訓練機器を開発しています.訓練機器を導入することで半自動訓練が行える様になり,療法士の方達の負担を軽減することができ,また長時間の訓練をすることが見込めます.訓練機器に搭載したセンサによりデータを蓄積し,上肢訓練の様子を定量化することも可能です.

上肢機能訓練支援装置

世の中に存在する上肢のリハビリテーション機器はモータを使ったものが多いですが,本開発装置はブレーキを活用している所に特長があります.ブレーキ導入により,訓練の自由度は下がりますが,低コスト化と本質的な安全性確保を狙えます.

原口真研究室|大阪工業大学 移動支援システム研究室